bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で


2013年01月26日(Sat)

バブル相場

去年2度ほど相場の雰囲気がITバブル前年に似ていると書いてきた。
なんだかなぁ・・・な一日 2012-11-12、祝!80万達成(ガンホ) 2012-12-14)
そして、とうとうアベノミクスでそれが現実のものとなった。

が、あれほどバブル相場を予感しながら全く乗れないでいる自分がいるのも事実。私も含めて多くのデイトレ組(恐らくリーマンショックを経験して高所恐怖症の人達だと思うのだが)のために今後の展開がどうなるのか考察してみた。

新興市場のバイオ関連、個別でガンホはすでにバブル真っ只中である。
ガンホは利益成長の裏付けがあって過熱感はあるもののまだまだ割安であるが、バイオ関連は全くない。あるのはiPSの研究支援に景気対策資金が使われるということ。
ITバブル時もネット関連に景気対策資金が流れてこれらの関連銘柄が沸騰したのだ。
このときは雨後の筍のようにネット企業が出てきて補助金を懐に入れて本業ではなく投資に回す輩も続出した。
ただ、ネット企業と違ってバイオ企業はそう簡単に起業できない分野だし、補助金を懐に入れるような輩もほとんどでてこないだろう。狭き門であるばかりか時価総額も小さい中に過剰流動性の大量資金が流れ込めば需給が逼迫し連続S高も当たり前で株価が10倍、100倍になっても全くおかしくない話である。
iPSとは関係ないが、ユーグレナとか現実のものとなれば夢がありすぎて第二のヤフーになるとも限らない。

参考になるかどうか分からないが、99年のGCチャートが出てきたので当時メインで保有していた4680ラウンドワンをUPする。1月15万ぐらいのときから買い始めて6月80万で売ったときには総額1800万ぐらいになってた。その泡銭でトルコに皆既日食旅行に行ってきたのだが、帰ってきたら200万になっててビックリしたことを覚えている。当時は手数料1%の時代でデイトレなんて発想はなく最低でも2,3ヶ月は保有するものだった。信用取引も1500万必要と言われ現物だけの取引だった。
DCF_0001.JPG

どういう動きをしていたのか見たくて古い本を引っ張り出したのだが、今のバイオやガンホのような一方通行的な上げではなかった。やっぱりネット取引がない当時とは状況が違うし、新興市場はなく店頭株しかなかったし、小粒な銘柄が少なかったからあまり参考にはならないね・・・。

パラパラと他の銘柄も見てみたけど、上がってるのがある一方、下がってるのもけっこうあった。
こういうバブル相場で大事なことは、「何でも買えば上がる」とはならないことである。
上がらない株は嫌気が差して乗り換えるために売られるからである。結果として上がる株はさらに上がり、上がらない株は下がり始めてしまうのである。置いてけぼりをくった人が高くなった株を買えずに下がって安くなった株を割安と思って買って失敗するのはここにある。相場の柱じゃないと思ったら噴いたときに処分すること。
何かの拍子に反転して上昇していくこともあるかもしれないが、それは材料が出てから改めて買えばいいことである。

「割安を買う日本人と変化を買う外国人」
これは日本人と外国人の投資行動の違いについて私が常々思っている言葉である。
アベノミクスが実行不能もしくはそろそろ終了という話が出るまでは外国人買いは続く。高いか安いかは関係ない。もう割高だから買えないと思うのは早計である。くれぐれも弱気にならないように。

で、結局来週からどうすればいいの?
「買えばいいんだよ」頭では分かっていても恐怖があってやはり買えない・・・よね。確かに、一旦値幅調整が入ればけっこう大きなものになるだろうし・・・。ただ、これだけは頭に入れておきたい。大相場に発展する場合は水準是正が起こるので「大きな調整は起こらず、どんどん駆け上がっていく」ということも。
そんなときは日足や週足だけでなく月足でリーマンショック前のチャートまで眺めてみるとよい。まだまだ買えるんだと気付くはずだ。

そして、いつしか書店に株の本が所狭しと並び、普段株に興味のない人たちまでいくら儲かったとか話始めたとき、バブルの終焉は静かに近づいているものである。

最後に、前回ガンホが暴騰したときのチャートは出てこなかったけど、当時奇跡的に40万で5株保有してたコーエーネットのチャートが古いPCに残ってたのでUPしときます。
koeinet.jpg

なお、投資は自己判断でお願いします。

posted by ボーラク at 18:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | 来週の展望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月11日(Sun)

来週の展望

金曜日のNYは上昇。

今週も上昇が望めそうです。

週末を利用して上昇しそうな銘柄をいくつか探ってみました。

まずは今週の上昇相場に乗れてないやつ。

2489:アドウェイズ
3627:プライムワークス

今週も引き続きダメだしされるかもしれませんが
それでも下げる確率は低そうに感じます。

上げたあと金曜日に調整しているもの

8870:住友不動産販売

これは25日線に抑えられてる感じ。
これを抜けてくるかがカギとなりそう。
他にもいろいろあったが、これは、と思えるものはあまりなかった。
やはりNYの上昇と材料次第の展開となりそう。







posted by ボーラク at 00:00 | 東京 ☁ | Comment(0) | 来週の展望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月26日(Sat)

来週の展望


この記事書くのは久し振りなんですが、正直読めません。

こういう時は落ち着いて「休むも相場」に徹しようと思います。

これまでとにかく今年は強気でいいってずっと思ってきたのですが

民主党政権のせいなのかどうかは分かりませんが

世界の株高にまったく付いていってないですし、連休明けのリバウンドも不発。

買い疲れ感が相当漂っています。

日柄調整ではなく、ここらで大きな値幅調整でも起こってくれないと

上にはいけそうにない雰囲気があります。



ただ、休むとは言っても、全く触らないわけではありません。

これで生活費を稼ごうとしている以上、何もしないことは死につながること。

方向性がはっきりするまでは

大きなポジションは取らず、持越もしないように乗り切りたい。






posted by ボーラク at 19:29 | 東京 ☁ | Comment(0) | 来週の展望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月16日(Sun)

来週の展望



人気ブログランキングへ ← 1日1回 応援のクリックをお願いします。



今日は日曜日なので来週ではなく今週ということになりますが

どういう展開になるのか予想してみます。

金曜日のNYが下落したことから、月曜日の日経は軟調な展開が予想されます。

一方、JQを除く新興市場はこれまで頭を押さえられてきた反動を期待しています。

お盆休み明けということで機関投資家が仕掛けてくれるのではないかと。

これはどちらかというと希望的観測に近いのですが

全く根拠がないわけではなく、実は去年もお盆休み明けに上昇してくれています。

mn.JPG

今年も十分可能性はあるんじゃないでしょうか。



ただ、このチャートを見ると日経はまだ上値余地があるのに、マザーズはもうないということ。

ここからのもう一段の上昇にはさらなる材料がほしいところ。

アドウェイズやVテクの下落を見ていると、やはり好材料も出尽くし感が強い。

仮に買われるとしても、これまで買われ続けてきたものではなく、

十分調整感のあるものになるのではないでしょうか。





posted by ボーラク at 13:55 | 東京 ☀ | Comment(0) | 来週の展望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月25日(Sat)

来週の展望



人気ブログランキングへ ← 1日1回 応援のクリックをお願いします。



NYが昨晩も上昇しています。

ここまで連騰すると、もういい加減にしてくれ。という感じです。

特段日本株に上げる要素がないのに、NYに吊られてあげている。

早く冷やし水がほしいところ。

これと言ったテーマも見つけられず、今週は日替わり相場となりそう。

動いた銘柄に乗り、飛び降りる。

そんなデイトレーダー冥利につきる日々が続くと見ています。
(念のため、私はデイトレーダーではありません)

スイング銘柄としては引き続きサミネ、ヴィレッジV、アインファーマに注目しています。


posted by ボーラク at 22:18 | 東京 ☀ | Comment(6) | 来週の展望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月18日(Sat)

来週の展望



人気ブログランキングへ ← 1日1回 応援のクリックをお願いします。



今週末に民主党関連銘柄が急騰しています。

日本株の上昇が鈍い中、当面の材料として選ばれた感が強いです。

他に何も材料がなく、GSユアサなど電池関連があいかわらず弱ければ、

衆議院解散でこれらの銘柄の上昇に拍車がかかる可能性は大です。

けっこう重いと思っていたのですが、急遽監視銘柄に加えます。

民主党関連銘柄はこちら



他には8月に野村アセットの中小型株投信の設定があります。

新興市場を中心にその対象銘柄を探る動きが強まることも考えられます。

◆野村の高格付け銘柄
【4875】メディシノバ
【4813】ACCESS

◆好決算を発表した超割安銘柄
【2411】ゲンダイエージェンシー
【2769】ヴィレッジヴァンガード
【9627】アインファーマシーズ




posted by ボーラク at 22:19 | 東京 ☀ | Comment(0) | 来週の展望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月11日(Sat)

来週の相場展望



人気ブログランキングへ ← 1日1回 応援のクリックをお願いします。


マザーズ指数は25日線に到達し、反転か下落かの瀬戸際です。

国内の不透明要因としては東京都議選なんかもありますが、だからどうなんでしょうか。

経験則では、よくわからないときは大抵「売り」なんですが、今回はどうなんでしょうか。

ただ、こういう場面での空売りは経験不足なのでやらないと思います。

リバウンド狙いで、打診買い。金額は小さめで。

森を見るとだめですが、個別の銘柄を見ると反発しそうなものがいくつか見つかります。

そういうものを少しだけ触ってみようかな。という戦略でいきます。

来週はクックパッドの上場もありますが、初値が高くなりそうです。

安く始まればおもしろいのですが、初値天井ともなればあまりいい影響はないでしょうね。

posted by ボーラク at 20:30 | 東京 ☀ | Comment(0) | 来週の展望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月28日(Sun)

今週の動き

今週も引き続きどっちへ動くのか非常に読みづらいです。

ただ、ジャスダックは高値更新しており、ここですぐに調整するとは考えにくい。

Chart

一方、マザース指数や東証二部指数は上抜け寸前まできています。

上抜けするのか押し返されるのかがたいへん注目されます。

Vテクなどが前回高値に接近しており、今週これを抜くことができれば再上昇スタートとなり、

Chart

先行的に上げてきた銘柄だけにマザース全体にも好影響を与えることと思います。

もし、Vテクが高値更新ともなれば借入金返済などと悠長なことは言っていられなくなるでしょう。

ここでの資金減少は大きな投資機会損失につながりますから。

安易に乗ることは慎みながら、しかし、動きだしたら流れにどっぷり乗る。

こんな戦略で今週はいきましょう。




posted by ボーラク at 17:38 | 東京 ☀ | Comment(0) | 来週の展望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月20日(Sat)

今後の行方

今後の相場を読むのは難しい。

新たな材料に乏しい他、これまで急騰してきた反動も怖い。

反面、25日線を下支えにじわじわと下値を切り上げてくる可能性もある。

非常に読みにくいのである。

したがって、急落リスクに対応するため現金比率を高めにし

持ち越しは資金の半分以下、しかも活きのいい銘柄だけにする必要がある。

ここから急騰する可能性も低いだけに敢えて買いポジションを多くすることもないだろう。




本日「ご返済期日到来のご案内」というものが届いた

実は1年前に事業が芳しくなく借り入れしていたのだ。

借入額は190万円。・・・・・・・・イタイ。

ここにきて投資金額を減らすのは痛すぎる。

借り換えで1年延長する手もあるが、どうだろうか。

金利は1.5%と低利なのでいいが、それでももったいない気もする。

銘柄選定よりもこっちの方が悩む。




人気ブログランキングへ ← 応援よろおしくお願いします。



posted by ボーラク at 19:18 | 東京 ☀ | Comment(0) | 来週の展望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月13日(Sat)

来週の新興市場見通し

posted by ボーラク at 22:49 | 東京 ☀ | Comment(0) | 来週の展望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月07日(Sun)

1万円超えぬ平均株価

 株式市場で銀行が保有株を処分する動きが目立っている。東京、大阪、名古屋の主要3市場の投資主体別売買動向で、「都銀・地銀等」は10週連続で売り越し中で、売り越し額は1000億円近くに達する。「株価危機」の前期末に減損処理で「膿」を出した銀行が、戻り待ちの売りに飛びついているためだが、1万円超えを目前にした日経平均株価の重しになりそうだ。

 主要3市場で、「都銀・地銀等」は3月第4週から売り越しを続けており、直近の5月第4週も138億円を売り越した。



なるほどね。そういう背景もあるのか。

新興国の戻りが堅調なのに先進国の戻りが今一つなのは、そういう売り主体がいるからなんだろうね。

今週は引き続き日経225の空売りと新興銘柄の個別にいけそうなのを打診買いしてみたいと思っています。

posted by ボーラク at 11:12 | 東京 ☁ | Comment(0) | 来週の展望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする